飲酒のデメリットと断酒のメリット

飲酒のデメリット

肝臓病のリスクが高まる

お酒を長期間飲み続けると肝臓が悪くなるのは有名ですよね。

肝臓が炎症を起こすと体調が悪くなりさまざまな症状が出ます。それでもお酒を飲み続ければ最後には肝臓の細胞が破壊されて肝硬変と呼ばれる状態になります。

ここまでくると命にかかわります。

肝臓は少々ダメージを受けても自覚症状が出ないので沈黙の臓器と呼ばれています。

異変に気づいたらすでに致命的な状態になっていたというケースもあるそうです。

がんのリスクが高まる

アルコールには発がん性があることが分かっています。

飲酒量が多いほどリスクが高まります。

また、お酒に弱い人は強い人よりも悪影響を受けやすいことが分かっています。

脳が萎縮する

アルコールには脳を萎縮させる作用があります。

大量に飲むのが一番悪いのですが、少量しか飲まなくても飲んだ分だけ脳は萎縮します。

睡眠の質が悪くなる

お酒を飲むと眠りに入りやすくなりますが睡眠の質は落ちます。

ぐっすり眠れなくなります。

夜中に何度も目を覚ましたり、妙に朝早く起きてしまったり、昼間眠くなったりします。

頭が回らなくなる

長期間お酒を飲み続けると心が不安定になります。

頭が回らなくなり、判断力や集中力などが低下します。

さまざまな病気のリスクが高まる

お酒の飲みすぎは全身のほぼすべての臓器にダメージを与えます。

お酒は適量でも健康に良いということはない

昔はお酒は適量なら健康に良いと言われてきました。

この考え方は最近の研究で否定されています。

一部の病気に対して適量のお酒が薬として働くことは事実です。

でも一部だけです。

お酒を少しでも飲むことでリスクが上がる病気もあるのでトータルで考えると健康に良いということはありません。

アルコール依存症のリスクが高まる

お酒には依存性があります。

毎日酔っ払うまでお酒を飲むような人は少しずつ飲み方をコントロールできなくなっていきます。

今日は飲まないで肝臓を休めようと思っていてもついつい飲んでしまったり、ついつい飲みすぎたり、そういったことが普通になっていきます。

お酒は長期間大量に飲まなければ依存症にはなりません。

でも依存症になってしまったら、アルコールの依存性はとても強いのでやめるのは簡単ではありません。

いつかアルコール依存症になるかもしれないというリスクが飲酒の一番のデメリットです。

アルコール依存症になってしまった人は断酒するしかありません。

断酒のメリット

朝起きた時にさわやかな気持ちよさを感じる

断酒してよかったと一番最初に感じるのはこれです。

お酒を飲まなかった次の日の朝はすっきり気持ちよく目覚めることができます。

二日酔いにならないことが一番分かりやすい断酒のメリットです。

健康になる

上で飲酒のデメリットをたくさんあげました。これらのデメリットが軽減されます。

肝臓病になる確率が下がります。すでに肝臓が悪くなっていても断酒すれば回復します。

がんになる確率が下がります。

脳はお酒を飲んだ分だけ萎縮しますが長期間断酒すれば回復します。

睡眠の質が良くなってぐっすり眠れるようになります。

アルコール依存症にならずにすみます。

すでにアルコール依存症になっている人も断酒すれば回復します。

やる気が出る

長期間お酒を飲み続けるとどうしても心身に疲れがたまり倦怠感が付きまといます。

断酒すれば行動力や集中力などがアップします。

お酒のトラブルの心配がなくなる

お酒を飲んで暴れたり醜態を晒したりする人がいます。

飲んでいる時の記憶がなくなる人もいます。

他人に迷惑をかけずにお酒を飲むタイプの人でも酔っ払って醜態を晒す可能性はゼロではありません。

でも断酒すればその可能性はゼロになります。安心です。

死ぬ時に後悔せずにすむ

日本でも海外でも人が死ぬ時に後悔することはだいたい決まっています。

パターンがあります。

その中の一つに「もっと健康に気をつけておけばよかった」というものがあります。

断酒して健康的な生活を送れば死ぬ時になって後悔する確率は下がるでしょう。

お酒を飲まなくてもよくなる

長期間大量のお酒を飲み続けると少しずつ飲酒をコントロールできなくなっていきます。

飲む量を減らしたり休肝日を作ったりといったことができなくなっていきます。

お酒を飲まなければいけなくなるんです。

飲酒をコントロールできなくなったら一生そのまま飲み続けるか断酒するかの二択しかありません。

断酒すればお酒を飲まなくてもよくなります。

シェアする