断酒して変わったこと、良くなったこと

断酒を始めてから朝起きた時にさわやかな気持ちよさを感じるようになりました。断酒してよかったと一番最初に感じたのはこれです。

お酒を飲んでた時期はいつも気分が悪いと感じながら起きてました。

朝起きたらまず水やお茶を飲んで二日酔いを治そうとしてました。

そういうのが必要なくなって気持ちよく起きられるようになったのは本当にすばらしい。

それにぐっすり眠れるようになりました。

お酒を飲んでた時期はついつい飲みすぎて寝るのが遅くなりました。しかも眠りが浅かったから昼間も眠たかった。

今はお酒を飲んでた時期よりも早く寝ることができるし眠りも深いと感じます。

精神状態もマシになりました。

お酒を飲んでた時期はだいぶ不安定だったんですが今はちょっと不安定なぐらいです。

まだ安定してくれないけどまぁ大丈夫だろう。マシにはなってるんだからこれから良くなっていくと思います。

断酒して一番良かったことはもうお酒を飲まなくてもよくなったことです。

私は30代になったあたりから少しずつお酒を飲む時間が増えていきました。これはコントロールできなかった。

早寝したいと思ってる時でもついつい夜中まで飲んでしまいました。

一方で私の体は30代になったあたりから少しずつお酒に弱くなっていきました。

お酒を飲んでも楽しめる時間は減って悪酔いなどをして嫌な思いをする時間が増えました。

体がお酒を受け付けなくなってきてるのに飲む量や時間が増えるなんて最悪です。さすがにやばいと思いました。

でもいつのまにかアルコールに依存してたから節酒や一時的な禁酒はできなかった。断酒も何度も失敗しました。いろいろあったけど最後に断酒できて本当によかったです。

飲酒をちゃんとコントロールできなくなった時点で人生は二択なんですよね。

お酒を飲み続けるか断酒するか。道は二つしかない。

もちろんお酒を飲み続けた場合は体がボロボロになります。寿命はぐっと縮むでしょう。

断酒するということは生きるということです。明日もがんばります。

シェアする