冷房病(クーラー病)を予防するために気をつけるべきこと

冷房病になってしまった

ふと気がついたら体調を崩していました。

部屋でパソコンのディスプレイ眺めてる時とかつねに軽い体調不良、軽い頭痛が治らなくて、おかしいなあって思ってたんですよ。

いつの間にか夏の一番暑い時期は去って少し涼しくなってたみたいです。

それでもまだまだ暑いんだけど、冷房の設定とか使い方とかを変えてなかったから寒くて体に負担がかかってたんだろう。

こういうのを冷房病(クーラー病)と言います。

ちょっと寒いなと思ってたけど冷房を切ると暑くなってもっと不快になるから我慢してました。

そういうのがよくなかったっぽい。自律神経に負担がかかるんだそうです。

全部軽い症状だったからこれはやばいと気づくのが遅れました。今は寒い部屋で白湯を飲んでます。

夏ばてと冷房病の違い

冷房病は夏ばてとは違います。

夏ばては涼しい屋内と暑い屋外といった気温が大きく違う場所を行き来することで自律神経に負担がかかって不調が起こります。

蒸し暑い環境で発汗による体温調節がうまく行かなかったり、夜が寝苦しくて睡眠不足で疲れがたまったりしても夏ばてになります。

冷房病はその名の通りエアコンによる体の冷やしすぎが原因です。

冷房病を予防するにはどうすればいいか

夏はエアコンをガンガン使うからエアコンの設定温度を上げるなどの工夫をしてもやっぱり寒くなることが多いですよね。

だから体を温める努力をした方がいい。温かい飲み物を飲んだり厚着したりすることが冷房病の予防になります。腹巻なんかもよさそう。

夏は暑いからついつい暑さ対策にばかり注目しがちだけれどエアコンを効かせたら寒くなるから寒さ対策もやっていく必要があります。

同じ夏でもむちゃくちゃ暑い時期もあればまだマシな時期もあります。

そういった地味な気温の変化にも対応しないとダメですね。

暑さがちょっとだけマシになったら冷房もちょっとだけ減らさないといけない。

体調を崩してから気づくことがないように、できるだけうまく対応できるように気をつけてやっていこうと思います。

シェアする