東京医科大学の入試で女子受験者の合格者数が抑制されていた件

東京医科大学医学部医学科の一般入試で女子受験者の合格者数が減るように点数が操作されていたそうです。

理由は、女性は結婚や出産で医師を辞めるから。女性を減らして男性を増やすのは必要悪だという認識だったらしい。

社会のいろいろなところで女性や男性が不利だったり有利だったりするもんだけどこれは本当にひどいと思った。

受験する女子は自分が減点されてるなんて知らなかったわけですよ。大学側は黙って減点していた。この部分が一番ひどい。

必要悪だと思うなら堂々とやって議論すればいいし悪だと思うならやらなきゃいいんですよ。

女性が結婚や出産で仕事を辞めるという話と女子受験生の点数を黙って減点したという話はつながってるようでつながってないと感じました。

そういうことをやってもいいという空気があったことが問題なんじゃないかな。

そもそも受験ってお金を払ってやってるわけですよね。勝手に減点されてたというのは詐欺なんじゃないでしょうか。

ニュースを見ていると東京地検特捜部もこの件を把握しているという話が出てきました。

なぜ東京地検特捜部が?と思ったんだけど、そういえばこの大学、ちょっと前に文部省の局長の息子を裏口入学させて逮捕者が出てるところじゃないですか。

大学の理事長が文部省の局長に対して「文科省の助成事業の対象に選ばれるように申請書の書き方について助言してほしい」と頼んだとのこと。

ようするに文部省の助成事業に選んでくれ、便宜を図ってくれ、という依頼ですね。

そしてその見返りとして局長の息子の一次試験の点数を加点したという疑いがもたれています。

ひどい話や。この人ら日常的に受験生の点数を増やしたり減らしたりしてたってことやな。

ちなみにこの事件では大学の理事長と文部省の局長を引き合わせた人も逮捕されています。

この人は偉い人同士を引き合わせる仕事をしていたとのこと。ブローカーって言うんですか。すごい世界です。

前回文部省局長の息子ひとりを裏口入学させた事件の時もこれはひどいと話題になったけど、今回はケタが違いますね。

女子全員の点数を減点してたんだから本来合格できるはずだったけどできなかった人って相当多いんじゃないでしょうか。

このニュース、女性は結婚や出産で仕事を辞めるから受験生の点数を減点するのは必要悪という言い方にものすごく違和感を感じました。

女性だろうが男性だろうが仕事を辞める権利はあるし女性の方が多く辞めるとしても女子受験生全員を不利にするのはダメでしょう。

てか辞める理由が結婚や出産なら祝福したげなよ。

日本は少子高齢化社会なんだから結婚して子供を生む人は優遇してあげたらいいじゃないですか。

ところで、この件って東京医科大学だけの話なんでしょうか。

テレビとかツイッターとか見てると他の大学でもやってるんじゃないかと言ってる人がけっこういてびっくりしてる。

マジか。暗黙の了解で男子を多めに合格させるって他の大学でもやってるのか。

まだ実際のところどうなのかはわからないけれど、事実ならとんでもない話です。新しい情報が出てくるのを待ってます。

シェアする