無断で他人の画像をSNSにアップするフォトハラスメント

フォトハラという言葉があることを知りました。

無断で他人の画像(などの個人情報)をSNSにアップする行為のことです。

知らない間に自分が写ってる画像などをアップされて知らない人に声をかけられた事例もあるそうです。

そこまでいかなくても自分の画像が無断でSNSにアップされたらたいていの人は精神的にダメージを受けるんじゃないかな。

フォトハラという言葉を知った時、ちょっとしたカルチャーショックを受けました。

他人の画像を簡単にSNSにアップしてしまう人がいるというのがすでに私の知らない文化です。

私は個人情報を隠すのが当たり前という文化で育ってますので。

昔と比べて文化が変わってきてるのかもしれない。

フェイスブックみたいな実名のSNSも出てきたし、なにより昔と比べてSNS自体が身近なものになっています。

自分や他人の個人情報を出すことに抵抗がない人もいるんだろうな。

私はフォトハラとかめっちゃ怖いと思うタイプです。

いつの間にか自分の個人情報、例えば自分が写った画像や名前なんかがSNSにアップされていたらと思うとゾッとします。

個人情報を一部しか出してなくてもちょっとしたことからこの人はどこの誰だと特定してしまう人もいます。

スマホで撮った画像とかスマホからの投稿などは位置情報を付けることができます。

普通は位置情報なんか付けないと思いますが、うっかり付けてしまったらどのあたりに住んでいるかがばれるわけで、こういうのもすごく怖いと思う。

それに一度SNSにアップされた情報は消せない可能性もあります。

でもフォトハラスメントという言葉が生まれたということは他人の画像をアップする行為は当たり前ではないということです。

いいことだと思う。個人情報は隠すべきだと思ってる人が多いのはいいことだ。

SNS関連はちょっとしたことが炎上やトラブルにつながるから気を使いすぎて困ることはありません。

みんなで写真を撮ってSNSにアップしようとする時は「上げてええか?」と全員に聞いて許可を取るぐらいのことはやるべきです。

そういえば画像を加工して顔を隠すアプリとかありますよね。

ああいうのを使うというマナーがもっと流行ればいいんじゃないかな。

シェアする