地球温暖化はウソじゃなかった

地球温暖化ってウソだと思ってました。

何年も前に地球が温暖化するぞ危ないぞってニュースになった時にそれはウソだ!という反論があって、その反論を信じてたんだ。

でも私が知らない間に地球は温暖化しているということで決着が付いていたようです。

温暖化の原因は二酸化炭素などの地球に熱を溜める働きがある温室効果ガスが人間の活動で増えたこと。

正確にはそうである可能性が極めて高く懐疑論にはエビデンスが乏しかったということらしい。

まぁ世界中で猛暑になってるし、最近のニュースが一番のエビデンスだと思うよ。

日本だけじゃなくて他の国々でも記録的な猛暑になってるというのは説得力があります。

ところで冬はどうなるんだろうか。

温暖化するなら普通は暖かくなりますよね。夏は犠牲者が出るレベルの猛暑なのに冬の寒さは変わらないなんてことはないよね。

そこが気になってました。

夏よりも冬の方が苦手なんですよ。冬の寒さは本当にしんどい。

温暖化するなら冬もしっかり温暖化してほしい。

地球が温暖化すると異常気象が増えて気候が極端化すると言われています。

温暖化の結果トータルでは悪いことになる確率の方が高いということだと思う。

そして気候の極端化ってどういう意味なんだろう。

日本などの国々が猛暑になるかわりに他の国で寒くなるという意味なのかな。日本の冬がもっと寒くなったら嫌だなぁ。

そんなことを考えて調べてみたんだけど、どうも冬も暖かくなるっぽいです。

将来温暖化が進んだら冬季オリンピックを開催できる都市が少なくなる可能性があるというニュースを見つけました。

つまり、日本の夏はこれから過酷になっていくけれど冬は少しずつ過ごしやすくなっていくということになります。

地球温暖化がウソだと思った根拠を思い出しました。たしか地球はこれから氷河期になるという話だった。

冷静に考えたらおかしいですよね。

地球温暖化という数十年~数百年単位の話をしてるのに、氷河期って数千年~数万年単位の話じゃないですか。

本当にこれから氷河期になっていくとしても温室効果ガスに温室効果があるなら地球は温暖化するはずです。

シェアする