パワハラも?財務省福田次官セクハラ問題の闇は深そう

財務省の福田次官がテレビ朝日の女性記者にセクハラした問題、連日ニュースになってますね。

まだ事実関係はハッキリしてませんけど、福田氏はおそらく黒でしょう。セクハラやってたんじゃないかな。

でも本人は否定してるからちょっと長引きそうですね。

まぁ福田氏がセクハラをしたのかどうかの決着はそのうちつくでしょう。福田氏はもう逃げられないだろうし。

私が気にしてるのはパワハラのほう。

テレビ朝日の女性記者は会社からパワハラを受けてたんじゃないかって疑惑があるんだけど、こっちはあんまり話題になりませんよね。

こっちもセクハラと同じぐらい大変な問題だと思うんですよ。

セクハラを受けながら話を聞くタイプの取材を(自分の意思ではなく)会社の命令でやらされてたという疑惑です。

この事件の背景として、女性記者がホステスみたいに振舞って情報を取るタイプの取材は他の女性記者もやってる(やらされてる?)という問題があります。

福田氏のセクハラ事件がきっかけになってそういう取材をやった人やセクハラされて嫌な思いをした人の話がちょこちょこ出てきてます。

そこにこの事件の闇があると思うんだ。

女性記者はまず自分の上司にセクハラ被害を訴えたけど握りつぶされてます。

握りつぶした理由は二次被害を防ぐためだったらしいけど、明らかにウソですよね。理由になってない。

じゃあセクハラ被害をスルーするのはいいのか?って話。なかったことにしてすむ話じゃない。

みんな多かれ少なかれそういうことをやってた(やらされてた)から握りつぶそうとしたんじゃないかな。

私は、この女性記者にはそういうタイプの取材をやるかやらないかを自分で決める権利はなかったと思ってるんですよ。

他の人もやってるならそりゃやれって言われるでしょう。

セクハラされて情報を取ってこいと。

マスコミのような体育会系の組織の中でそういった理不尽な命令に対して「嫌です」と言うことは難しかったんじゃないかな。

セクハラされる仕事は嫌ですですむならこんな大事にはなってないはずだ。

こういうときにハッキリと対抗するのは難しいし、自分の意見を通すのはもっと難しい。

我慢するか辞めるかしかないと思う。戦うには準備や能力が要る。

その点しっかり相手に制裁を与えた女性記者はすごい。よくやったわ。

シェアする