小さな習慣を読んだ感想

小さな習慣(スティーヴン・ガイズ著、田口未和訳、ダイヤモンド社)という本が面白かったので感想などを書きます。

この本は新しい習慣を作るには失敗できないほど小さなことからはじめればいいということについてとても詳しく分かりやすく書かれています。

著者のスティーヴン氏は運動する習慣を作ろうとしていたけれどやる気が続かずうまく行かなかったそうです。

そんなときにふと一回だけ腕立て伏せをやろうと思いついてやってみたらそこから何度も腕立て伏せをすることができたそうです。

その後も腕立て伏せを一回だけやってみるチャレンジを続けたところたいていの場合はそれ以上の運動ができたそうです。そして運動する習慣が生まれたとのこと。

スティーヴン氏は最初から大きな目標に取り組むよりも小さなことを積み重ねた方が効果があるんじゃないかと考えました。

そして調べてみた結果その考えが正しいということと科学的な裏づけがあることを知ります。

新しい習慣を作るときは小さいことからはじめると成功しやすいというライフハックは有名です。

でもこの本ほど詳しく分かりやすく説明している本やサイトは見たことがありません。本当に詳しく解説しています。

それに科学的です。人間の考え方や認知のクセ、脳の仕組みや働き方、そういったことについても分かりやすく説明されています。

小さな習慣のいいところはずっとポジティブでいられるところだそうです。

失敗のしようがないような小さなことからはじめるので失敗して落ち込むことがありません。

腕立て伏せ一回だけでいいんです。

ちょっとしたことでもやろうと決めたことを実際にやると達成感があります。

たった一回の腕立て伏せでも行動をはじめると人間はもうちょっとがんばろうという気持ちになります。

おまけでもう10回の腕立て伏せができたりします。もちろんおまけはできなくてもオッケーです。

小さな努力を長く続けて新しい習慣を作ることに意味があります。

この本を読んでいて一番共感できたのはモチベーションに頼るとうまく行かない理由について語られている部分です。

モチベーションは感情だから不安定なんですよね。上がるときと下がるときがあります。

だから長期的に考えるとモチベーションを上げることを前提にして計画を立てると失敗するという話でした。

モチベーションは悪いものではありません。あればあるだけ良いものです。

でもモチベーションを前提にしてはいけないんです。モチベーションは上がったらラッキーなおまけと考えた方がいい。

この考え方がすごくしっくりきました。

シェアする