アルコール依存症になりやすい人の特徴

こんばんは、断酒おじさんです。

ちょっと気になってアルコール依存症になりやすい人の特徴について調べてみました。

世の中にはアルコール依存症になりやすい人とそうでない人がいます。

アルコール依存症になりやすい性格、体質、環境など、さまざまな要因があります。

とりあえず性格の話をします。

ストレスが溜まりやすい人、心が不安定な人、自信がない人、孤独な人、こういった人はアルコールに依存しやすいと言われています。

真面目な人の方がアルコール依存症になりやすいという話もあるけどこれはストレスが溜まりやすいからだと思う。

お酒を飲むとストレスや不安は解消されて楽しい気分になります。

でもここでお酒に頼るのが普通になってしまうとまずい。

ストレスや不安なんかのネガティブな感情が一時的なものならいいんだけど、そうでないならえんえんと飲むことになります。

お酒を飲むとストレスや不安は解消されるけどストレスや不安の原因が取り除かれるわけじゃないですからね。

アルコールをネガティブな気持ちを消して楽しい気持ちになる薬として常用するのがまずいということです。

体の大きさや性別も関係があります。

女性は男性よりもアルコール依存症になりやすいと言われています。

これは女性の方が体が小さいぶん肝臓も小さくてアルコールを分解する能力が低いからです。

アルコールの影響を受ける時間が長いとリスクが高まります。

この理屈だとお酒に弱いけどお酒が好きという人も依存症になりやすいんだろうな。

それにお酒との相性の良さの問題。

例えばお酒に弱すぎてお酒を飲むと気分が悪くなるという人はまず依存症にはなりません。

逆にお酒と相性がいい人、酔っ払って気持ちよくなる能力が高い人は危ない。

あと飲酒を始める年齢も関係があります。

お酒を飲み始めるのが早ければ早いほどリスクがあります。10代から飲み始めるとかそういうのがダメなんです。

最近はお酒は二十歳になってからというルールが昔よりも厳密に守られています。

昔はけっこういいかげんでした。お酒は大人になってから飲もうという考えの人が増えたのはいいことだ。

個人的には酒害に関する知識がどのぐらいあるかも関係あると思ってる。

お酒が飲み続ければ毒になる危険なものだと知っていれば無茶な飲み方をしようとは思わないでしょう。

最近は酒は百薬の長みたいな迷信が否定されて正確な情報が多く流れるようになっています。いい時代になったもんだ。

今日で断酒287日目です。

お酒飲みたいなぁとか言ってたけど天気が良くなったら飲みたい気持ちは引きました。

雨の日が長く続くとお酒を飲みたくなるっぽい。

気圧の変化が原因で体調を崩したり心が不安定になったりする人は多いらしいからそういうのが影響してるんだと思ってる。

とにかく飲みたい気持ちが引いてよかった。これからもお酒を飲まない生活を続けます。

シェアする