断酒してると脳がお酒を飲んでもいい理由を捏造することがある

私は自分の飲酒がやばいと気づいてから断酒したりうっかり飲んじゃったりまた断酒したりを繰り返してきました。

そうした経験から、飲みたくなる時の思考パターンみたいなものがあることに気づいたので書いていきます。

断酒を始めた時は気合が入ってるからあまり飲みたくならないんだけど時間がたって気合が抜けてくると今日は体調が良いからちょっとぐらいお酒を飲んでもいいんじゃないかなって気分になることがあります。

今日は体調が悪いからちょっとだけお酒を飲んでテンションを上げようかなって気分になることもあります。

調子が良くても悪くてもそれを理由に酒を飲みたい気分になるなんてふざけた話なんだけど脳がお酒を求めてる時なんてこんなもんです。

これが飲みたくなる時の思考パターンです。脳がお酒を欲しがって断酒を中断してもいい理由を作っちゃうんです。

ああまたかって思って冷静に気分転換すればいいんだけど迷っちゃうとやばい。飲みたい気分が続いて最後に飲んじゃうというのはよくある失敗パターンでした。

お酒を飲む回数や量や飲み方を何とかコントロールすればいいんじゃないかという考えにとらわれたこともありました。

もちろんそんなことはできません。飲む回数や量や飲み方をコントロールできたら断酒は必要ないですよね。できないから断酒してるわけで。

そんな気分になってお酒を飲んじゃったことも何回かあるんだけど、最初はがんばって量を減らしたり回数を減らしたりしてもすぐに毎晩酔っ払うまで飲むようになっちゃいました。

こういうのって断酒してる人の何割ぐらいが経験してるんでしょうか。つい理由をつけて飲みたくなるという話はよく聞くからみんな経験してるのかな。

断酒中は飲みたい気分になることもあるのが普通なわけで、いちいち迷ったりせずにどれだけあっさり気分転換できるかというのがうまく断酒するコツなんだと思います。

私は断酒したり失敗して飲んじゃったりを繰り返してるんですが、最後にひどい二日酔いをしてその勢いで断酒してるんで今のところはそれほど強い飲酒欲求は出ていません。

でもこのまま断酒を続けたら、どっかのタイミングでちょっと飲みたいなって気分になるだろうと思ってます。その時は絶対に飲まないようにしたいです。

シェアする