半年間断酒して再飲酒した時の話とこれから

こんばんは。断酒おじさんです。今日で断酒34日目です。今のところ順調に断酒できてます。お酒を飲みたくて苦しむみたいなことはないですね。

脳のどこかにあるお酒を飲みたい気持ちのスイッチは今のところオフになっています。

でも油断はできません。このスイッチは自分ではコントロールできません。何かの拍子にオンになることがあります。

私は最長で半年間断酒したことがあります。最初は辛かったけど3ヶ月ぐらいするとお酒を飲みたいという欲求や苦しみがほぼなくなって断酒は成功した!と思いました。

でもある日突然お酒が飲みたくなりました。冬の寒い日のことです。こんな日にお酒を飲んだら美味しいだろうなと思った時にスイッチが入りました。

お酒を飲みたい気持ちで頭が一杯になりました。飲みたい。でも飲んじゃいけない。半年も断酒したのに無駄にするのか?と悶々と悩みました。そして最後に飲んじゃいました。

もしこの時飲んでなかったらもっと楽にもっと早く断酒できてたんだろうな。

長期間断酒を続けても飲んでしまったら元通りになると言われています。ホントにその通りです。最初は休肝日を作ったりしてたけどすぐに毎日飲むようになりました。

今から考えたら悩んで迷ったのがいけなかったんだと思います。いちいち考えずに少しでも早く気分転換するべきだった。断酒は飲みたくて迷ってる時が一番辛いんだよね。

もったいないことをしました。その後、何度も断酒にチャレンジしてるんだけど半年どころか3ヶ月も続きませんでした。

でも今回は順調に断酒できてます。お酒を完全にやめるチャンスです。

一生お酒を飲めないのは寂しいけど飲酒をコントロールできないんだから一生飲まないようにするしかない。

長期間断酒するとお酒に対する未練や飲みたい気持ちもわかなくなると言われています。そうなるまで断酒してそのまま飲まない人になるしかない。

このまま順調に行けばいいんだけど難しいでしょうね。いつかお酒を飲みたい気持ちのスイッチが入ってオロオロする日が来ると思います。

でも今度こそ上手くやろうと思っています。そういう波が来るって分かってれば前回よりはマシな対応もできるはずだから。