少子化の原因はお見合い文化が衰退したこと

少子化ってだいぶ前から問題になってますよね。

生まれてくる子供が減っていてるから日本の人口はこれからどんどん減っていってこのままだとやばい。

じゃあ生まれてくる子供が増えるようにしたらいいじゃんって思ってたんだけど少子化の原因が文化の変化だと知ってああこれはあかんわってなりました。

昔は結婚しろという世間の圧力(強制力)が今より強かったからほとんどの人が結婚していたそうです。

そしてあるていどの年齢になっても結婚相手を見つけられなかった人にはお見合い結婚をするという選択肢がありました。

恋愛しなくても結婚できたんですね。

今は結婚してなくても昔ほど強い圧力をかけられることはありません。お見合い文化も衰退しました。

結婚するかどうかが自由になってかつ恋愛してから結婚する文化になったから恋愛できない人などが結婚できなくなったのが少子化の原因です。

どうしようもない。

みんなが自由になった結果がこれなら解決方法はないと思います。いまさら昔の文化に戻すわけにはいかないし。

子供を作りたい人を政府が支援したりして少しでも多くの子供が生まれてくるように努力するしかないんだろうな。

少子化で人口が減ったら何が起こるのかはわからないけれど、衰退するならゆっくり衰退してほしい。急に日本がダメになるみたいなのはやめてほしい。

少子化の一番の問題点は高齢化とセットなところだと思います。

老人はこれから増えていくんだよね。少ない若者が多くの老人を支える時代がやってくる。若者ピンチ。

少子化でこれから労働力が足りなくなるという話もありますが私はこの話を信じていません。

非正規社員や無職がいっぱいいるのに労働力が足りなくなるって?ウソでしょ。

そんなこと言って外国人労働者をたくさん入れて日本人と競争させて外国人も日本人も安く使おうって魂胆なんじゃないのかよ。

と思ってる。

若いころは景気が良くなればみんな豊かになって景気が悪くなればみんな貧しくなると思っていました。

でもおっさんになって景気が悪くて失業率が高いほうが得をする企業もあると知りました。

人間をひどい環境で安く使い捨てにするようなブラック企業は景気が悪いほうが得なんだよね。

景気がいいと人間は逃げるからブラック企業には人が集まりにくくなる。

労働力が足りなくなるという言葉には安い給料で使い捨てられる人材が足りなくなるというニュアンスもあるんじゃないだろうか。