孤狼の血を読んだ感想

孤狼の血(柚月裕子・角川文庫)という小説が面白かったので紹介します。

舞台は昭和63年の広島、主人公の大上は警察の暴力団係の刑事です。

大上はものすごく優秀な刑事なんですが一方で悪いうわさもあり、実際に悪いことをしています。

違法な捜査で成果を上げています。

大上には大上なりの正義感や信念があります。でもやってることはめちゃくちゃです。手段を選びません。

もう一人の主人公は大上の部下になった新米刑事の日岡です。普通の常識を持っています。

過激な大上に対してドン引きしたり楯突いたり心の中でツッコミを入れたりします。

小説は日岡視点で進んでいくから視点キャラってやつかな。

日岡も主人公なんだけど大上が個性的すぎて視点キャラという印象が強かったです。

でもこの日岡がいい味出してるんですよ。

序盤の大上と出会って一緒に行動しはじめたころの日岡の心のツッコミは妙に面白くて笑ってしまいました。

ストーリーは暴力団同士の抗争が起こりそうになってるのを大上たちが止めようとするというものです。

そのために、抗争を仕掛けた組織の人間がかかわったとされる金融会社社員失踪事件を解決しようとします。

大上は優秀だから次々と問題を解決していくんだけど、大上の動きよりも早く状況は悪い方へ転がっていきます。

派手なアクションやスピード感はないんだけどつねに空気がピリッとするような緊張感がありました。

そして物語が進むにつれて緊張感はじわじわと高まっていきます。

雰囲気がすごくよかったです。読んでいて自然と物語の世界に引き込まれました。

それに主人公二人がかっこよかった。

むちゃくちゃなことをしながらも街を守っていこうとする大上と成長していく日岡、二人ともすごくよかった。

この小説のテーマは大上の生き方と日岡の成長なんだと思います。

自分に合う小説って途中で読むのがだるくなったりせずに最後まですーっと読んでいけるじゃないですか。

私にとってこの小説がまさにそんな感じででした。

続編「狂犬の眼」がそのうち発売されるとのことです。気になってます。

カテゴリー