酒飲みは元気なうちに休肝日を作ったほうがいい

もしもお酒を飲んでいた過去の自分にメッセージを送れるなら酒害について説明して「休肝日を作れ」と言います。

「断酒しろ」が一番いいんだけど、そう言っても断酒しないだろうなぁ。

健康な人が断酒することはあまりないと思う。

「休肝日を作ろう」なら危機感があまりない人にも伝わると思うんですよ。

休肝日を作ると自分がどれぐらいアルコールに依存してるかを自分でチェックすることもできます。

本当に健康な人なら簡単に一日断酒ができるけれどアルコールに依存すると少しずつ難しくなっていきます。

軽い気持ちで休肝日を作ってもし飲んでしまったら、その人は自分がアルコールに依存していることに気づけるんじゃないだろうか。

そんなことを考えました。

私は若いころから毎日泥酔するまでお酒を飲んでました。

だから断酒するはめになったのは当然です。因果応報。

でも分かってて飲んでたわけじゃないんです。私はお酒の怖さを知らなかった。

断酒するはめになっていろいろ調べてはじめてお酒の怖さを知りました。

この部分は後悔してます。

もっと早くに知っておきたかった。

断酒をはじめてから今日で一年と一ヶ月ちょっとです。

いつの間にか断酒日数を数えるのを止めてました。

断酒一年目ぐらいからお酒を飲みたい気分の波が来なくなって安定しました。

飲酒欲求はほぼゼロに近いところまで小さくなってます。

やっと断酒成功です。まぁ油断はできないけれど、やっとここまで来たという気持ちがあります。

去年はツイッターでストロングゼロが流行りました。

ちょっと前にもストロングゼロネタのツイートを見かけました。ストロングゼロはツイッターのネタとして定着しましたね。

これからも定期的にネタ画像なんかが作られて大喜利がはじまったりするんだろうな。

ストロングゼロってやばい酒だと思う。

普通の人向けの安く早く酔うためのお酒です。

ツイッターでも虚無の酒とか福祉とか言われてたから飲んでる人もそう思ってるんだろう。

でも本当にやばいのはお酒の種類じゃなくて飲み方です。

休肝日を作らずに毎日飲むのがやばいんだ。

まだ元気な酒飲みは休肝日を作って肝臓を休めて自分がどの程度アルコールに依存してるのかチェックしたほうがいい。

断酒するはめになったら一生飲めませんからね。でもお酒を飲まない生活も穏やかでいいもんですよ。