禁煙したときの話

昔はタバコも吸ってました。こっちはお酒より先に止めてます。

禁煙したのは5年ぐらい前かな。

タバコを止めようと思ったのも健康のためです。

あらためて思い出してみるとだいぶ昔からタバコやお酒のせいで体調がちょっとおかしくなってるんじゃないかと感じていました。

タバコもお酒も好きだったけど一生付き合えるほど体は強くなかった。

喫煙や飲酒をコントロールできないことに対して嫌悪感を持ったことも大きかった。

禁煙も禁酒も最初は健康のためにちょっと止めてみようという軽い気持ちからはじまりました。

でもやってみるとものすごく難しいことがわかりました。

あ、止めようと思っても簡単には止められないんだ、ということに気づくと酔っ払った頭でも恐怖を感じました。

禁煙も断酒もこの恐怖感からスタートしています。

禁煙も簡単にはいかなかったです。

止めようと思ってから実際に止められるまで禁煙したり吸ってしまったりを繰り返しました。

いろいろな禁煙方法を試しましたが最後は代替品に頼ることにしました。

禁煙は代替品が優秀なので断酒よりはまだ楽だと思います。

ニコチンパッチやニコレットを使ってまずはタバコを吸う習慣をなくしてニコチン以外の毒を体に入れるのを止めました。

両方試したけど私にはニコレットの方が合っていました。

パッチの方は貼ったところがかゆくなるしあまり効かなかったです。吸いたい気持ちはなくならなかった。

ニコレットが口に入っているときは喫煙欲求は消えていました。

でもここから完全に止められるようになるまでがちょっと長かったです。

ニコレットを噛んでいればタバコは吸わずにすむんだけど今度はニコレットが止められなくなりました。

ニコレットを減らすとまたタバコを吸いたくなるんですよね。

まぁニコレットはタバコと比べたらだいぶマシなんで危機感はあんまりなかったです。

気長にやろうと思っていました。

最後はニコレットを減らす替わりに普通のガムを噛むようにしました。そしたら禁煙できました。

止めるまでは苦労したけど止めてからタバコが吸いたくなることはほとんどなかったです。すっぱり止められました。