断酒しようぜ。TOKIOの山口達也氏がやらかした件

TOKIOの山口達也氏がお酒の問題を抱えていたと知ってなんともいえない気持ちになりました。

ああ、酒害者だったのか。

山口氏はお酒で体を壊して入院していて、退院した日に再飲酒して泥酔状態で女子高生にわいせつ行為をして書類送検されたとのこと。

べろんべろんに酔っ払っていたため女子高生にわいせつ行為をしたときの記憶は曖昧になっているそうです。

ブラックアウトってやつですね。やばいやつです。

山口氏はだいぶ前から通院したり入院したりしながらお酒の問題と向き合ってきたとのこと。

一方でアルコール依存症は否定しています。入院は肝臓を悪くしたからだそうです。

これってまだ底つきまで行ってない的な意味だと思う。本当に重いアルコール依存症ではない(まだ軽い)というニュアンスだと感じました。

ぶっちゃけアルコール依存症にはなってるでしょ。しかも酒乱の気もあります。

山口氏はアルコール依存症に強い病院に通っていたと報じられています。みんなどこかでお酒の問題だと分かってたんだろう。

これって治療中に起きてしまった事件なんですよね。

それがすごく悲しい。

お酒って怖いんですよ。長期的に飲んでたらいつの間にか飲酒をコントロールできなくなってたりしますから。

飲まずに過ごすことが苦痛になったりついつい飲みすぎたりするようになるんですよ。

山口氏はもうコントロールできなくなってるんじゃないかな。

肝臓を治すために入院して退院した日にブラックアウトするほど飲むなんて普通じゃ考えられないことです。

無期限謹慎ということだからもう一度入院してしっかりお酒を抜いてそのまま断酒すればいいと思う。

節酒や一時的な禁酒は難しいでしょう。飲酒は一度コントロールできなくなったら元には戻りません。

長期間禁酒しても元には戻らないし精神力でコントロールすることもできません。

それに、節酒や一時的な禁酒ができる人でも酒乱の気があるなら断酒したほうがいい。

たとえほんの少しでもまた同じことをやらかすリスクがあるならアイドルとしては致命的です。

でもしっかり断酒さえすれば、TOKIOも山口氏も人気はあるんだからまた仕事に復帰することもできるんじゃないかな。